台湾人

なくなってほしいとすら思うほど。台湾人の”お土産”文化

なくなって欲しいとすら思うほど。台湾人の"お土産"文化

こんにちは、猫猫(@maomao__taoyuan)です。

 

ものすごく爽やかな写真をトップに貼りましたが、今回はその写真とは対象的に愚痴っぽいお話です。苦笑

愚痴っぽさを軽減するべく(できるのか?)写真だけは爽やかなものを貼ってみました^^;

今回は、台湾在住経験のある日本人なら、大部分が経験したことがあるであろう、台湾人(中華圏全体?)のお土産に関する習慣についてお伝えします……。

“お土産”という名の代理購入

"お土産"という名の代理購入

日本でも、誰かがどこかに旅行に行くとなると「◯◯買ってきて!」と頼んだりすることがあると思います。

でも、頼むとしても相手の負担にならないもの(大きすぎない・重すぎないなど)であったり、高額になりそうな場合は先払いでお願いしたり、ということが多いでしょう。

 

が、しかし。

台湾ではそれが当たり前ではないのです……。

私自身は経験ないですが、重たい上に高額な家電やらお酒やらを頼まれたりすることも。

味噌などの調味料でも、近くのスーパーやコンビニですぐ手に入るものならいいですが、結構「このメーカーで!」と細かく指定してくる人もいるようで、あまり出回ってないものだと探す手間もかかります。

 

しかも代金は基本後払い。(先払いしてくれた話なんて聞いたことない)

台湾ドルで計算して大体のお金を返してくれるならまだ良いですが(それでもレートの差とかあるし、フェアじゃない)、ヘタしたらお金くれない→つまり実質お土産!!なんてことも無きにしもあらず……。

それに加え、親しくしている人に頼まれるならまだしも、義姉の同僚とか、夫の友達の友達とか、「誰?」な人にまで頼まれたりするのです。(←実体験です)

 

最近利用している人も多いLCCは預け荷物は別途料金が必要だったり、重量が増えたら追加料金を払わなければならなかったりします。

例えば、ある人に頼まれた代理購入品(お土産)のせいで重量オーバーして追加料金を払ったとしても、頼んだ人が追加料金まで負担してくれることはないでしょうし、頼まれるほうが不利というか何というか……

私はそんなに心広くないので、「運び屋じゃないんですけど!怒」と言いたくなります。

猫猫の場合

私の義家族(一番よく接している義両親・義兄1家族・義兄2家族)からは、ありがたいことに一時帰国のときもほとんど「何か買ってきて」と頼まれることはありません。

かと言ってさすがに手ぶらで台湾には戻れないので、主にお菓子や蒸気でホットアイマスクなどをお土産として買ってます。

(義兄2家族にはマイクポップコーンのバターしょうゆ味が人気。笑)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

めぐりズム 蒸気でホットアイマスク 完熟ゆずの香り(12枚入)【めぐりズム】
価格:1166円(税込、送料別) (2018/9/26時点)

 

楽天で購入

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マイクポップコーン バターしょうゆ味(50g)
価格:113円(税込、送料別) (2018/9/26時点)

 

楽天で購入

 

 

 

義家族は普段お世話になってるし、何か頼まれたら買える範囲で買いたいと思ってますが、問題は親戚やその他の方々……。

今まで何回か、普段あまり顔を合わせない親戚にお土産を頼まれたこともありました(-_-)

 

最近頼んできたのは、義母の妹にあたるおばさんで、ゾウのマークのだったか有名メーカーのポットでした。

この前の一時帰国のだいぶ前に夫にラインが来て、

「今度猫猫はいつ帰国するのか。帰国するときにこれを買ってきてほしい」と……。

おばさん曰く、台湾でも売ってるけど、中国製だったら嫌だから日本のが欲しいということでした。

 

夫に頼まれて仕方なく通販サイトやメーカーを見てみましたが、どれもハッキリ”日本製”とは書かれてない!

「メーカーサイトも見たけど日本製かどうかわからない」という感じでおばさんには伝えてもらいましたが、「日本で売ってるんだから日本のでしょ」みたいに返ってきて。

いやいや、最近は中国製のもたくさんあるしそうとは限りませんけど!

 

「よろしくね~」と任されはしましたが、連絡が来たのが一時帰国よりだいぶ前だったこともあり、夫はいつの間にか忘却の彼方、私は覚えてはいたけど買って戻る気もさらさらなかったし、忘れたフリしてスルー。

おばさんからもその後特に連絡はありません。

(実はそんなに必要じゃなかったんじゃ?!)

新婚旅行での苦い思い出

あれは4年半ほど前、北海道に新婚旅行に行ったときのことです。

このときも夫が同僚から化粧品(多分。もううろ覚え)を買ってきてと頼まれてたんですが、どこにでも売ってるようなものではなく、温泉街にしか売ってない(らしい)というもので……

函館郊外の温泉街にわざわざ行って探してみたものの、結局見つからなくて。

 

最初は夫も「ないならないでいい」と言っていたのに、私があまり協力的でなかったこともあって夫はご機嫌ナナメに……。

結婚休暇を利用して会社休んでの旅行だし、同僚に気を遣ってっていうのもわからなくもないけど、新婚旅行なのに人に頼まれたものわざわざ時間かけて探すなんておかしくないですか?!

(そりゃ非協力的になりますよ、お店の人に聞くのだって結局日本人の私がやることになるんだし……。)

人に頼まれたもののせいで新婚旅行中に険悪ムードになるなんて、ひどい話ですよね(´;ω;`)

嫌だったらキッパリ断ったほうがいい!

嫌だったらキッパリ断った方がいい!

頼まれて1回買ってくると、次もまた……ということは少なくないと思います。

もちろん台湾人全員が「これ買ってきてあれ買ってきてー後払いでよろしくっ」というワケではないですが、そうやって頼まれる確率は十分に高いです。

 

嫌だったら、「私は運び屋じゃありません」と言って(もちろん言わなくても。笑)ハッキリ断ることをオススメします。

もし断ってその人との縁が切れたなら、悲しいことですが利用されていた・利用しようとしていたということではないでしょうか。

(そういう人がいるかどうかはわかりません。いないことを祈ります)

頼んできたのが義理の家族や親戚だったらハッキリ断るのは難しいと思いますが、「スーツケースに余裕なくて~」、「うちの近くには売ってないみたいだったから~」などとにかく適当に理由をつけて断っちゃって良いかと!

 

スーツケースに余裕があって、知らない人の代理購入にも応じてあげられる広い心をお持ちの方なら、もちろんやってあげてもいいと思います。

……私は多分一生そうはなれない気がするけど。苦笑

テキストのコピーはできません。